お知らせ

デイリー説明

■ チャイケモを日中プログラムで使おう!■ 外来通院中の子どもたちや、外出が可能な入院中の子どもたち対象

第6回AYA

■ 15歳~39歳の小児がん・がん経験者のみなさまへ ■  第6回AYA世代ピアサポートプログラム

チャイルド・ケモ・ハウスとは

小児がんになった子どもたちにも当たり前の暮らしができる環境をつくりたい。私たちの活動は、小児がんとむきあう医師や家族の心からの願いを叶えるために始まりました。小児がんと闘う子どもたちが、そのなかでも遊び、学び、心身ともに成長しながら大切な家族や友だちとの時間を、笑顔で週ごせる「家」を目指して。「チャイルド・ケモ・ハウス」は、Quality Of Life 一生活の質 ー に配慮した日本で初めての専門治療施設です。

Child Chemo House

“I want to go back home.” said a little child with cancer in a hospital. Not just this single voice but we heard this from many children and their families. Even the doctors wished it so. Eventually we were moved to take our first steps in creating an ideal space where families can have an “ordinary” everyday life experience. We aimed to build a ‘home away home’ where children can play, learn and grow up while fighting against illness. We are determined to improve their Quality of Life. Child Chemo House is Japan’s first expertise clinic in fighting childhood cancer.

小児がん専門医療施設について

日本初の小児がん専門治療施設です。

小児がんの一般的な病室は、わずか2坪(約4.5畳)あまり、生活用品を置けば「居る場所」はベッドの上だけ。家族やきょうだいと会うことも制限されてしまいます。そんな治療生活を、「家」のような当たり前の暮らしに近づけるためにつくられた専門施設がチャイルド・ケモ・ハウスです。

We are Japan’s first expertise clinic
in fighting childhood cancers

In any typical hospitalization circumstance of children with cancer in Japan, just 6.6㎡ of bed-only-space is given to a child with cancer. They are often isolated from their beloved families. Child Chemo House was built with the determination to improving their Quality of Life by building a special facility that is like a home away home.

小児慢性特定疾病児童等
自立支援事業について

「大きな病気になったから、いろんなことを我慢するのは仕方ないこと・・・」 そう思っておられるご本人やご家族は多いと思います。 療養生活のこと、学校生活や勉強のこと、今後の就職のことなどについて、 困っていることや悩んでおられることをお聞かせください。 子どもたち一人ひとり、ご家族の状況に応じた具体的な支援の方法を相談員が一緒に考え、サポートします。